生産性を求めない日記

生産性を求めず、ただただ思ったことを書いていきます。

名古屋の家系ラーメンがフランスパンの味だった話

こんにちは。

タイトルの通り、本当にただ思ったことをご報告するだけの記事です。いつもですが。

 

先日名古屋に行く機会があり、何かご飯を食べようと探していました。

せっかくなら手羽先とか味噌カツとか名古屋らしいものを…と考えていたのですが、

どうしても家系ラーメンが食べたい!!

と思ってしまい、急遽評価の高そうな家系ラーメンを検索。

 

結果伺ったのがこちら、

銀十 さん

 

どうしても家系を食べたい口だった私は麺大盛+ご飯小(ランチタイムは無料、合計800円)を頼み席へ。

わくわくしながら待っていると、遂に到着したラーメン。こちら。

f:id:productivity-zero:20180102205402j:plain

うん、普通においしそうですよね!!

 

ただ一口食べた瞬間、「節子、これ家系ラーメンやない…ガーリックパンや…」という感想がついポロっと出てしまいました。

いや本当に、これは文章では伝えられないのでぜひ一度実際に食べていただきたいのですが、ラーメンではないんです。スープにガーリックパン溶かしてるのでは??ってぐらいガーリックパン。これ以外の感想が出てこない。

すごい濃厚で、脂もたっぷりの、まさに家系ガーリックパン。

麺もチャーシューもおいしかったんですが、悲しいかなスープがガーリックパン。

 

まあ店内は順番待ちのお客さんで溢れていたので、地元の方には人気があるのだと思います。

実際、独特な味でハマる人にはドハマりするだろうなという味でした。

 

名古屋ドーム近くなので、いらっしゃる際はぜひ一度お立ち寄りください。

 

いやまじでフランスパン。

さよなら。