生産性を求めない日記

生産性を求めず、ただただ思ったことを書いていきます。

女の人すごい

先日よりスキンケアを始めました。

朝と夜の二回、洗顔・化粧水・乳液と手入れをするのが理想らしいのですが…

とてもじゃないけど無理

 

夜はまだしも、朝も洗顔してしっかり塗って…なんていうのはめんどくさすぎる。

単純に朝起きて時間もあまりありませんし。

そんなこんなで一日一回になっています。

それでも何もしないよりはましな感じがしますね。

 

で、本題ですが、スキンケアよりはるかにめんどくさいであろう化粧を毎朝している女性陣はすごい。

顔洗ってばしゃっと化粧水つけるのすらめんどくさいのに、下地だファンデーションだアイシャドーだなんだのとできるのはまじですごい。

 

世の中の女性陣、明日からちょっと尊敬します。

 

(所要時間:7分)

スキンケア、始めました。

これまで、「スキンケア」的なことを全くしてこなかった私。

というのもたまに頬に乾燥を感じるぐらいで、そこまでスキンケアが重要だとは考えていませんでした。

ところが、先日久しぶりに会った大学の同級生に会ってびっくり。

大学時代は顔も荒れ、どちらかというとブサイク枠で自虐を得意としていた友人が、顔も綺麗になり、すっかりブサイク枠を脱出していたのです。

なんで?何があった?と聞いてみると、

毎日洗顔して、化粧水と乳液付けてる

と言うのです。

 

それだけでそんなに変わるものなのか…

それなら自分もやってみよう、と思い立って、買ってきました。

 

今回購入したのはこちらの三点。

・カウブランド石鹸(赤)

ハトムギエキス化粧水

ハトムギ超潤クリーム

 

ネットで調べてみると、どうも

洗顔→②化粧水付ける→③乳液付ける

という3ステップが必要とのこと。

 

とりあえず評判が高くてなるべく安いものを近所のドラッグストアで購入。

合計1,808円でした。

ただ、効率厨な私は石鹸は6個入りで安かったものを、化粧水は一番大きい1,000ml入りのものを選びました。

適切なサイズのものを選べばもう少しは安くできるのではないかと思います。

 

今の状態からどれだけ改善するのか、正直分かりませんができる限り続けていこうと思います。

状況については随時ご報告できればと思います。

 

ちなみに現在の肌はこんな感じ。

気になっているのは

・鼻の毛穴

・両頬の毛穴と赤み

です。

将来の比較のため下に写真を貼っていますが、あまり気持ちのいい写真ではないので、気を付けてご覧ください。

①鼻付近

②右頬

③左頬

 

もし読者の方に「スキンケアについて教えてやる!」という方がいらっしゃれば、ぜひご指導いただければと思います。

それでは。

 (所要時間:30分)

 

デサントすげぇ

かなり前ですが、デサントのファミリーフェアというものに行ってきました。

職場の同僚にチケットをもらい、「かなり得やから!」ということで渋々行ってみると…

すごい

 

値段が安めなのは当然なんですが、規模がでかい。

大阪の展示場(名前忘れた)の一棟まるまる使って展示販売をしていました。

 

しかもle coq sportif、umbroまでデサントのブランドだったとは知らず、思わずデサントに入社していたらうはうはやったんかなぁなどと考えてしまいました。(笑)

企業を知るって大事ですね。

 

(所要時間:3分)

第二回YouTubeおすすめ動画選手権【Lindsey Stirling】

無事第二回を開催することができました本企画。

今回はこちら。

www.youtube.com

 

この方、Lindsey Stirlingさんは

  1. 美人
  2. 歌える
  3. 踊れる
  4. 楽器弾ける

と四拍子揃った神のような方。シンプルにうらやましい。(笑)

そんなLindseyさんはYouTubeにたくさんの作品を上げていらっしゃいます。楽器を演奏するだけのもの、演奏しながら踊るもの、歌うものといくつかバリエーションはありますが、これは演奏しながら踊るもの。

一番の特徴は、音楽の世界観を踊りや衣装等で再現しながら演奏されること。

 

今回の「ゼルダの伝説メドレー」も、綺麗なバイオリンの音色に手の凝ったPV、Lindseyさんの美しいご尊顔を見ていると、それだけで穏やかな気持ちになること間違いなし。

残業残業で疲れ切ったあなた、ぜひ癒されてください。

 

(所要時間:5分)

大阪商工会議所は一回自分を客観視すべき。

会社の取得推奨資格の一つに、「ビジネス会計検定試験」というものがある。

ビジネス会計検定試験 | あらゆるビジネスパーソンの仕事に活きる!

これだ。

 

簿記が財務諸表などを「書く・作る」側の能力を測る資格であるのに対して、本資格はそういった資料・書類を「読む・理解する」能力を測るものらしい。

実際会社に入って経理関係の知識は必ず使うだろうし、この資格が取得推奨となっているのも理解できる。

 

しかし!この資格はある一点において非常にクソである。

受験料?違う。難易度?それでもない。開催回数?そんなもんじゃない。

参考書が軒並みカスなのである。

何がカスかというと、「問題集なのに解説があまりに貧弱」なのである。

例えば「ビジネス会計検定試験 対策問題集2級」。マジでクソ。

問題が長いのでここには書かないが、とにかく解説が貧弱。貧弱というかたまに解説すらない。

どんな感じかというと、

Q:なぜ空は青いのでしょう?

A:空は青いです。

みたいな感じ。「え、それ答えになってる?」という的外れな答えも多々あるし、「いや、それはもうちょい解説つけんと分からへんって!」っていうような答えもあります。

 

この検定試験の質の悪いのは、公式以外の問題集・テキストが(ほぼ)皆無という点です。つまり、この資格を取得したい場合は公式のものを買わざるを得ない。

受験生の気持ちなんて一ミリも考えていないし、おそらくお偉いさんの私腹を肥やすのに使われているんだろうなあ、なんてことを思ってしまいます。

大阪商工会議所さんは、とりあえず解説もっと増やしてください

 

クソさ加減は少し勉強してみれば分かると思います。

興味のある人はぜひ。(笑)

 

(所要時間:16分)